高品質・高耐久・塩ビ樹脂系シート防水

受付時間

10:00~18:00
定休日:水曜、日曜

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-91-0146

インターレジデンスBM事業部

マンションの防水改修工事

防水改修工事に最適な塩ビシート防水カバー工法

塩ビシート防水カバー工法のメリット

塩ビシート防水カバー工法は、マンションの防水改修で様々なメリットがあります。また、屋上だけでなくルーフバルコニーや庇部分など、マンションのさまざまな部位の防水改修に対応できます。

既存防水層を撤去せずに防水層を新設することができますので、廃材の低減によるコストメリットがあります。既存の防水層を残すため雨養生にもなります。

塩ビシート防水アンカー固定工法

塩ビシート防水接着工法

塩ビシート防水カバー工法

スピード施工のアンカー固定工法(機械固定工法)

既存防水層の上に絶縁シート敷設

塩ビシート防水を下地に対して固定する方法は、大きく分けて機械的固定工法と接着工法の2種類があります。

改修では既存下地の劣化度合いなどの影響をうけづらく、迅速に施工できるなどのメリットから機械的固定工法がよく採用されています。

下地の動きに対してシートが追従しますので、そのため、下地に亀裂やクラックが入ったとしても防水層が破断しにくい特徴があります。

既存の防水層を撤去しない為廃材を減らす事が出来ます

塩ビシート防水「かぶせ工法」

基本的に既存防水層の上に「かぶせて」防水層を新設します。そのため廃材を減らすことができます。

かぶせ工法を基本とするため、既存防水層の撤去にまつわる工程を短縮できます。

単層防水の塩ビシートは、複層防水と比較して不具合箇所が特定しやすいので、万が一の不具合にも原因を特定し、シートの増し張りなどで対応できるため補修も容易です。

騒音対策が求められる場所での改修に有用な接着工法

非歩行・接着断熱工法

下地調整を施した既存防水層に対して断熱材を接着し、その上にリベットルーフを接着剤で固定する工法です。端末入隅部の固定用金物以外にビスを使用しない為、騒音対策が必要な立地や強風対策が必要な立地での施工に向きます。

高層マンションの防水改修、沿岸部のマンションの防水改修など、強風対策が必要な場合、接着工法等の他のシート固定手法を検討します。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-91-0146

インターレジデンスBM事業部

受付時間
10:00~18:00
定休日
水曜、日曜

お気軽にお問合せ
ください

お電話でのお問合せ・見積依頼

0120-91-0146

インターレジデンスBM事業部
<受付時間>
10:00~18:00
※水曜、日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/03/25
ホームページを公開しました
2022/03/24
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/03/23
「会社概要」ページを作成しました

株式会社
インターレジデンス
BM事業部

住所

〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町3-8-10 エクセレンスビル3階

アクセス

京浜東北線「浦和」駅 徒歩13分

受付時間

10:00~18:00

定休日

水曜、日曜